ケアプロストは効果が証明されている育毛剤

ケアプロストは、毎日継続して使うことで効果を発揮

まつ毛は人の印象を表現する大切な部分で、多くの女性がまつ毛のケアに力を入れています。つけまつげなども販売されていますが、自分のまつげでおしゃれをしたいという女性も多いでしょう。

「ケアプロスト」はまつ毛専用の育毛剤です。有効成分のビマトプロストには、まつ毛の成長を促進する作用があります。この作用によって、まつ毛が長く、太くなり、量も増えます。高い効果が証明されており、アメリカのFDA(米国食品医薬品局)でも認可されているのです。

ケアプロストは、毎日継続して使うことで効果を発揮します。

ケアプロストはジェネリック医薬品だから低価格で購入できる

マスカラやマツエク、つけまつ毛などを使って、まつ毛が傷んでしまった、という人もいるのではないでしょうか。

そんな人におすすめなのが、まつ毛の育毛剤「ケアプロスト」です。継続的に使うことで、およそ2ヶ月で育毛効果を実感できます。

ケアプロストは「ルミガン」という薬のジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許が切れたときに、別の製薬会社が同じ製法で作った医薬品です。効果は同じですが、研究費や開発費、宣伝費がかかっていない分、低価格で購入できます。

まつ毛の育毛には、薬を継続的に使う必要があります。ジェネリック医薬品を利用することで、そのコストを抑えられるのです。

もともとは緑内障の薬だった

「ケアプロスト」は、まつ毛の育毛を促す薬です。有効成分として「ビマトプロスト」が使われています。

ビマトプロストはもともと、緑内障の治療に使われていた成分です。緑内障とは、目の網膜神経が死滅してしまい、失明することもある病気です。ビマトプロストは、緑内障の症状の進行を抑える効果があります。

緑内障の治療のため、ビマトプロストを使用していた患者のまつ毛が伸びてきたという報告が出たことで、改めて研究が行われました。その結果、毛髪に影響を与えることがわかり、育毛剤としても使われるようになったのです。

ビマトプロストは、毛髪が成長する期間を長くすることで、まつ毛が太く、長く、濃く成長するように促します。この効果は、緑内障の治療として用いられているときは、副作用として扱われていました。

ビマトプロストに育毛効果はありますが、発毛効果はありません。そのため、まつ毛の毛包が残っている場合にのみ効果を発揮します。

ビマトプロストはまつ毛の成長期を延ばす作用をもつ

ビマトプロストは毛包に働きかけ、まつ毛の伸びる期間を長くする効果があります。

皮膚の中には「毛包」という部分に、毛髪の元となる「毛母細胞」が存在しています。毛母細胞は皮膚の中の毛細血管から栄養をもらい、細胞分裂を繰り返していきます。細胞が増殖していくことで、毛髪が伸びるのです。また、毛髪が成長する際にメラニンの合成が行われることで、髪の毛に色が付きます。

毛髪は成長が終わると抜け落ち、新しい毛髪の成長が始まります。このような、毛髪が生まれてから抜けるまでのサイクルを「毛周期」といいます。全ての毛髪は、毛周期に沿って、一定の器官ですべて入れ替わるのです。

ビマトプロストには、毛髪の成長する期間を長くする作用があります。その結果、細胞分裂が通常よりも多く行われ、長く、太く、色の濃いまつ毛が育つのです。