ケアプロストは1日1回使う

ケアプロストは1日1回使う

ケアプロストの使用回数は、1日1回です。

ケアプロストの使い方は簡単で、まずはメイクを落として、洗顔を行います。洗顔と同時にスキンケアも行うことで、一層効果が上がるのです。

次に、ケアプロストを塗るためのアプリケーターを1回分出します。アプリケーターは、袋に個別で包装されています。

そして、アプリケーターの先端にケアプロストを付けるのです。分量の目安は、片目で1滴とされています。

ケアプロストを塗る箇所は、まつ毛の根元の毛の生えている部分です。たくさんつける必要はなく、なぞる程度で構いません。

塗る際のポイントは、内側から外側に向けて慎重に沿わせていくことです。

これを両目に行えば、完了となります。

両目合わせても3分程度で完了するので、時間や手間はほとんどありません。また、ケアプロストは、使用する時間帯の規定もないので、いつでも使用できます。

ただし、注意すべきポイントはあります。

まず、コンタクトをしている場合は、ケアプロストを塗る前に必ず外しましょう。副作用を発生させる可能性があるからです。

また、ケアプロストの容器にアプリケーターが触れると、雑菌がついてしまいます。アプリケーターは、清潔さを保つためにも、使う直前に開封するのです。

もしもまつ毛の根元以外に付いた場合は、しっかりと拭き取りましょう。

ケアプロストを効果的に使う注意点

ケアプロストを使う際は、洗顔を念入りに行いましょう。

ケアプロストの成分をなるべく深く浸透させるためには、洗顔は必須です。

また、コンタクトを付けている場合は、必ず外しておく必要があります。

ケアプロストの付けすぎには注意しましょう。液を付けすぎると、目の中に入ってしまう恐れがあります。

もしも目に入ってしまった場合は、即座に洗い流しましょう。

ケアプロストは、下まつげには使用できません。あくまでも上まつ毛用の薬品なのです。

下まつげに塗ると、色素沈着を起こします。

また、ケアプロストは、点眼薬ではなく、塗り薬です。それも、まつ毛の根元に塗らないと効果が出ません。

したがって、少量の薬品を適切な場所に塗ることがポイントです。

コツをつかめば使い方は簡単ですが、誤った使い方をすると、安全性を損ねます。

まつ毛美容液とは、根本的に使用方法が異なっているので、区別して使い分けましょう。

ケアプロストで色素沈着やシワの副作用

ケアプロストで色素沈着やシワの副作用

ケアプロストは、まつ毛育毛剤です。ルミガンのジェネリック医薬品になります。

ケアプロストは、マスカラやビューラーが不要なほどまつ毛が伸びると評判です。

一方で、副作用も報告されています。

主な副作用は、薬剤が皮膚についてしまって色素沈着が生じたり、まぶた周りの皮膚がごわついてしわが出たりなどします。

これらの副作用の原因は、正しい使用法を順守していないことです。

ケアプロストは、あくまでまつ毛の育毛剤です。皮膚に塗っては色素沈着などの原因になります。

ケアプロストは、洗顔後に、上まつ毛の生え際に塗布用のブラシを使って塗るのです。

上まつげの生え際以外の皮膚などに塗ってしまった場合には、ティッシュやコットンを使って拭き取り、薬液が皮膚に残らないようにしましょう。

ケアプロストで目の充血やかゆみの副作用

ケアプロストの副作用としては、かゆみや目の充血などが挙げられます。

これらの副作用は、一時的に薬を飲むのをやめることで治まるのです。

ケアプロスト自体には重篤な副作用はありません。目が赤くなる程度で、それ以上深刻な状態には発展しないです。

しかし、こういった症状が出ると、不快なだけでなく、一時的にケアプロストの使用を止めないといけません。薬剤の使用休止は、まつ毛育毛にとってはマイナスです。

そこで、自衛策として、ワセリンを事前に塗りましょう。

ワセリンのあとにケアプロストを塗ると、これらの副作用は防げます。ワセリンが膜を作り、まぶたなどに薬液が付着するのを防止するからです。

ケアプロストは正しい使用法を守れば、塗るだけでまつ毛育毛を実現します。

用法用量を守り、まつ毛育毛の効果を実感しましょう。