ケアプロストで色素沈着やシワの副作用

ケアプロストで色素沈着やシワの副作用

ケアプロストは、まつ毛育毛剤です。ルミガンのジェネリック医薬品になります。

ケアプロストは、マスカラやビューラーが不要なほどまつ毛が伸びると評判です。

一方で、副作用も報告されています。

主な副作用は、薬剤が皮膚についてしまって色素沈着が生じたり、まぶた周りの皮膚がごわついてしわが出たりなどします。

これらの副作用の原因は、正しい使用法を順守していないことです。

ケアプロストは、あくまでまつ毛の育毛剤です。皮膚に塗っては色素沈着などの原因になります。

ケアプロストは、洗顔後に、上まつ毛の生え際に塗布用のブラシを使って塗るのです。

上まつげの生え際以外の皮膚などに塗ってしまった場合には、ティッシュやコットンを使って拭き取り、薬液が皮膚に残らないようにしましょう。

ケアプロストで目の充血やかゆみの副作用

ケアプロストの副作用としては、かゆみや目の充血などが挙げられます。

これらの副作用は、一時的に薬を飲むのをやめることで治まるのです。

ケアプロスト自体には重篤な副作用はありません。目が赤くなる程度で、それ以上深刻な状態には発展しないです。

しかし、こういった症状が出ると、不快なだけでなく、一時的にケアプロストの使用を止めないといけません。薬剤の使用休止は、まつ毛育毛にとってはマイナスです。

そこで、自衛策として、ワセリンを事前に塗りましょう。

ワセリンのあとにケアプロストを塗ると、これらの副作用は防げます。ワセリンが膜を作り、まぶたなどに薬液が付着するのを防止するからです。

ケアプロストは正しい使用法を守れば、塗るだけでまつ毛育毛を実現します。

用法用量を守り、まつ毛育毛の効果を実感しましょう。